公開開始日:平成20年10月 1日(水) 
最終更新日:令和 2年 7月 1日(水) 
  

黎鸞記 RDF

黎鸞の備忘録的な記録(だらけた日常と備忘録的に記事をだらだらと綴ったもの)

平成28年 1月15日(金)

[メモ] 裁判所の手続を悪用した架空請求等にご注意ください。(裁判所)

十年以上前の飲み会での話題になってた話。
昔の日記にも書いてたけど、今は非公開にしているので、以下コピペ。

---
京都市市民生活センターの『「架空請求」に御注意ください』のページより

最近,有料サイトを運営する悪質業者が,利用料等の支払いを求める少額訴訟を起す事例が出始めています。これは,60万円以下の金銭の支払いを求める訴えを簡易裁判所に起すことにより,1回の裁判で判決の出る制度を悪用したものです。つまり,そのサイトを利用した心当たりがなくても,裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきた場合,出頭しなければ自動的に裁判に負けてしまい,請求金額を払わされることになります。

対応策として
  1. 心当たりがなくても指定された日に裁判所に出頭してください。
    その裁判所が遠方の場合は,近くの裁判所に「移送」を求めることができます。
  2. 事前に裁判の進め方について専門家に相談してください。
  3. 警察にも連絡しておいてください。

があげられてますが、ひざかた先生、曰く(上記1に関して)、

電話でいいから、「架空請求詐欺事案です」と担当書記官に告げて、民事訴訟法373条1項の移行申述の書き方を教わって申述して、答弁書を出しましょう(郵送可)。
通常訴訟に移行して答弁書で「争う」と書いてあれば、こっちが欠席しても原告に拠証責任が生じ、架空請求なら立証できるはずもなく・・・

とのことですので、裁判所から「口答弁論期日呼出及び答弁書催告状」が送られてきたとしても、慌てふためかず冷静に対処しましょう。
---
登録日時:平成28年 1月15日17時37分
コメント

[メモ] 総務省「パスワードの定期変更」推奨はパスワードマネージャ前提?高木浩光先生の怒涛の指摘まとめ(NAVER まとめ)

登録日時:平成28年 1月15日11時37分
コメント
掲載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標または登録商標です。
Copyright © 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. 
Copyright © 2008 黎鸞 
カレンダー
<< 平成28年 1月 >>
   1  2
 3  4  5  6  7  8  9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31  

最近のコメント